特定健診・特定保健指導 具体的な評価項目

主な評価項目をご紹介いたします。
評価項目は世の中の変化に合わせ、毎年見直しを行っています。

特定健診に関する評価項目

人員に関する基準

  1. 特定健診の実施に必要な医師の確保状況
  2. 特定健診の実施に必要な保健師や看護師の確保状況
  3. 特定健診及び特定保健指導にかかわる業務に関する常勤の管理者の配置状況

施設・設備に関する基準

  1. 特定健診の実施に必要な施設及び設備の保有状況

精度管理

  1. 定期的な内部精度管理や外部精度管理の実施状況、および外部委託する場合の管理体制

情報の取扱基準

  1. 特定健診結果等の情報の取扱い

運営に関する基準

  1. 利用者の利便性に対する配慮
  2. 健診実施者の質の向上に関する取り組み
  3. 外部委託する場合の取り決め状況
  4. 特定健診と特定保健指導に関する運営規定の周知
  5. 特定健診実施者及び特定保健指導実施者の身分証明の保有状況
  6. 健康管理・衛生管理
  7. 広告内容の適切さ
  8. 受診者の苦情処理に対する対応
  9. 記録の整備

特定保健指導に関する評価項目

標準的な保健指導プログラムの保健指導実施機関の要件・組織運営について

  1. 標準的な保健指導プログラムの実施機関としての要件をみたす組織運営

保健指導の内容について

  1. 科学的根拠および行動科学に基づく特定保健指導プログラムの実施
  2. 生活習慣改善のためのプログラムの実施
  3. 科学的根拠に基づく特定保健指導(学習)教材の使用状況
  4. 特定保健指導に関する窓口体制
  5. 特定保健指導中断者に対応する体制

保健指導記録等の情報の取扱いについて

  1. 保健指導記録等の情報の取扱い体制

(2021年度調査より)

^