特定健診・特定保健指導認定とは

特定健診・特定保健指導とは

「特定健診」とは、「高血圧症」「脂質異常症」「糖尿病」「その他の内臓脂肪の蓄積」に起因する生活習慣病に関する健康診査のことです。

また「特定保健指導」とは、「特定健診」の結果、生活習慣の改善が必要な人を選定し、生活習慣病を予防するために実施される保健指導のことです。

「特定健診・特定保健指導」は、40歳以上74歳以下の人を対象に、2008年から健康診断を行う際に実施することが義務付けられています。

特定健診・特定保健指導 具体的な評価項目

当機構が行う「特定健診・特定保健指導認定」について

「特定健診・特定保健指導」について、当機構独自の評価項目に沿って第三者評価を実施しております。改善点がある場合にはその項目を指摘し、病院や健診施設の自発的な改善を促すことで、質の向上を支援しています。

特定健診・特定保健指導認定証
特定健診・特定保健指導認定証
^