特定健診・特定保健指導

特定健診・特定保健指導に関する審査・認定について

1)

当機構の「優秀認定施設」でない日本総合健診医学会の会員施設「優良施設(A施設)、非優良施設(B施設)」様へ:

平成20年から開始された「特定健診・特定保健指導」に関する認定事業を、この度、当機構は学会より全面的に移譲され、「特定健診・特定保健指導に関する調査票」の配布から、回収、審査、認定など全業務を当機構が実施することとなり、平成30年度より開始することに致します。学会の優良総合健診施設の新規申請及び3年毎の更新申請を希望する施設で、且、特定健診・特定保健指導の認定を希望する施設は、下記の申請書と調査票を当機構の認定事業窓口宛に提出して下さい。当機構は各施設を公平、厳格に審査・評価し、適法と認めた施設には「特定健診・特定保健指導」の認定施設として認定証を交付します。有効期間は3年間です。なお、認定証は3年毎の更新時期に交付致します。当機構の会員施設は無料と致します。

申請時に提出が必要な調査票

2)

当機構の一般会員施設様へ(優秀認定施設を除く):

当機構の一般会員施設様で、特定健診・特定保健指導の認定を希望する施設は、下記の申請書と調査票を当機構の認定事業窓口宛に提出して下さい。当機構は各施設を公平、厳格に審査・評価し、適法と認めた施設には「特定健診・特定保健指導」の認定施設として認定証を交付します。有効期間は3年間です。なお、認定証は3年毎の更新時期に交付致します。当機構の会員施設は無料と致します。

申請時に提出が必要な調査票


1)2)の認定証

^